【初めての婚活パーティー】これだけは知っておきたい3選

婚活パーティー

 初めて婚活パーティーに行こうと思ったときどうすればいいかわからなくて、インターネットで調べてみると情報が多すぎて困ってしまった経験があります。これまでの経験から最低限これだけは気をつけるべきことを3点に絞りましたので、気になる方はご覧ください。

 また全体の流れについても別記事にしていますのでまずはこちらをご確認ください。

スポンサーリンク

①婚活パーティー誰と行けばいい?

  • 男が複数人で群れているのが印象最悪
  • 婚活パーティーには1人で行く

 自分は婚活パーティーに最初に行ったとき、男3人でいきました。フリータイムなどかなり不安なので男3人で群れていたのですが、帰りにあった女性に冷やかしで来ているのかと思ったとアドバイスを受けました。また、友達どうしてライバル関係になる場合もあり、男複数で行くのは非常にもったいない可能性があります。

 1人で行って大丈夫かなと思っても、1人で来ている人はたくさんいますし、群れていた方が目立ちます。また、一人で行くとフリータイムなどで逃げ場所がないことがいいプレッシャーになり積極的に動かざるをえず、結果としていい循環になることが多いです。

②第一印象カードを記入しなければその後は無い

  • 丸をつけなかった女性とは、その後の展開は無い
  • 第一印象カードには上限の人数まで丸をつける

 婚活パーティーの第一印象カードですが、丸をつけなかった女性からは相手にされない可能性が高いため、自分がいいなと思っている一番の人にだけ丸をつけることは(もうこの人意外絶対興味がないと思えるならいいのですが、)非常にリスクが高いです。

 そのため、幅広に「もう一度話をしてみたい」と思った人には積極的に丸をつけることで、この後の可能性を狭めないことが重要だと感じています。

③アプローチカードを送るリスクは0

  • 送るリスクは0だが、送らないリスクは無限大
  • アプローチカードもすべて使い切る

 婚活パーティーでアプローチカードを送るのは最初結構恥ずかしくて戸惑ってしまい全然送れないことがあります。そんなときには「嬉しくないことはあっても、イヤだと思われることは絶対ない」けど「くれなかった人は脈なしと感じる」、つまり送ることにリスクはないけど、送らないことには大きなリスクがあるということを知って、自分は積極的にいけるようになりました。

 また、アプローチカードはお互いに渡し合ってるとカップリングの可能性が高いなと分かるため最終投票の際の基準になります。また、カップリングしなくても、パーティーのあとに連絡がくる可能性もありますので、また別の機会に話をしてみたい、そのレベルで気軽に送っておくようにしています。

【参考】婚活パーティー総まとめ

 このブログでは婚活に関する記事を多数記載していますが、これまでの記事を体系別に総まとめしています。サイトマップ代わりに使っていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました