【自己紹介タイム】好感度をあげるまとめ

婚活パーティー

 女性と男性が向かい合って1〜3分ごとに席を移動しすべての女性と自己紹介をする自己紹介タイムですが、婚活パーティーの一番最初のイベントであり、ここで好感度をあげておくことがその後のイベントでうまく立ち回るための重要なポイントです。この記事では自己紹介タイムで好感度をあげる4つの方法をまとめていますので、よかったらご覧ください。

スポンサーリンク

①モテ女がやっていた効果抜群の会話術

  • モテ女が使っていたのはたった2つの言葉
  • 「その仕事とても大変な仕事ですよね」、「その趣味もっと教えてください」

 ある婚活パーティーで、ひとりの女性と喋ったところ、本当に喋りやすくてあっという間に時間が過ぎていき、なんて話しやすい人なんだろうと感動しました。そのことを後でよく思い出すとそのときその女性はたった2つのことしか言っていませんでした。

 この2つのセリフのいいところはマイナスなことを一切言っておらず、また知識がなくても会話を続けることができ、なにより自分の話をし過ぎることがないというメリットだらけの方法でとてもオススメです。

②プロフィールカードで実は見られている3項目

  • 喫煙の有無、離婚歴、年収
  • きちんと書いていることが重要

 喫煙の有無、離婚歴、年収 の3つは気になる部分なのにプライバシーもあって直接聞きづらい項目ですが、確かに気になる部分です。

 離婚歴や年収については、それ自身が問題というよりも、その欄に何も書いていない場合がたまにあり、そういった場合にはなにか問題があって空欄にしているのではと勘繰ってしまわれる可能性がありますので、しっかり本当のことを埋めておくことが重要だと思います。

③プロフィールカードは減点方式

  • マイナス要素の記載が記憶に残る
  • アウトな記載がないか他人に確認してもらう

 プロフィールカードは主に自己紹介タイムに使いますが、自己紹介タイムはとても時間が短く、そして多数の相手と会話するため、いいことは記憶に残りにくい反面、特別悪いイメージは非常に印象に残りやすいです。またそれが原因で一発アウトになってしまう可能性すらあります。

 特に気をつけるべきは一発アウトで、そうならないためには自分のプロフィールカードを他人に見せてアドバイスをもらうのが一番です。できれば異性の友人、それが難しければ同性の友人でもいいので他人に見てもらうことが有効だと思います。

④女性の趣味を事前に体験しておく

  • フリータイムで盛り上がるのは趣味の話題
  • 女性が興味のあることを体験してみる

 フリータイムで会話が盛り上がりやすのは趣味についてです。

 ただし女性の趣味については、男は未体験のものが多く正直話をあわせにくいです。そのため事前に一度、多くの女性が趣味として記載しているものを体験しておくとフリータイムでの盛り上がり方が全然違いますので、男性でも体験しやすいものを5つ挙げています。

【参考】婚活パーティー総まとめ

 このブログでは婚活に関する記事を多数記載していますが、これまでの記事を体系別に総まとめしています。サイトマップ代わりに使っていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました