【初デートの注意点】まとめ

婚活パーティー

 カップリングするととてもうれしいですが、カップリングはカップリングに過ぎず、当然、付き合っているわけではないことを忘れないようにしないといけません。自分は、次に会った時にはできるだけいい印象を残せるように、婚活パーティーの時よりも2人で会うときに気を引き締めるようにしています。そのための初デートの際の3つのポイントについて記載しますので参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

①初めて会う時はランチがオススメ

  • 1〜2時間で終わるランチがオススメ
  • まず相手の希望を聞いて、なければ3店候補を提示

 初デートでいきなり長時間の会話は正直お互いに辛いとおもいます。そんな時、ご飯に行くデートであれば1〜2時間で終わり、あっという間に終わってしまいまた会いたいなと思うくらいの時間がちょうどいいと思います。そんなときにはランチであれば女性でも気軽に来ることができ、安心感という点からはとてもオススメです。

 また店を選ぶ際には相手の好みを考慮しつつも相手任せにはしないようにすることが重要で、自分から3店舗くらい候補を提示して選んでもらうようにしています。

②行ったことのある店に行く

  • 知らない店には隠れたトラップが
  • 相手指定の店なら必ず事前に下見を

 初デートするときにはできるだけ失敗をしたくありませんよね?行ったことのない店には様々なトラップが隠されていることがあります。例えば駐車場がとても停めにくかったり、空調の効きが悪かったり、タバコ臭い店だったり、クレジットカードが使えないことに支払いの際に気付いたりなど、あちゃーと思う経験をしたことがあります。

 ただ相手が行きたいという店に行くことになることもあります。その際には必ず事前に下見をするようにすることで、事前にトラップを把握しておいて対策を考えた上で当日に臨むようにしています。

③カウンター席を、必ず予約

  • カウンター席が会話を盛り上げる
  • 必ず予約しておくこと

 カウンター席であれば上のデメリットがなくなり、①面と向かって話すことがないため緊張しにくい、②テーブルマナーを確認されないので気楽、③隣で距離感が近いため親密になりやすいというメリットが生まれます。そのため初めてのデートでは横並びになれるカウンター席に座るようにしています。

 また店の予約は5分もかからず終わります。それをせずに店に行ってから満員で長時間並んだり、定休日で他の店に行くことになったりと失態をさらすと評価ダダ下がりになりかねませんので、しっかりカウンター席を予約しておくと安全だと思います。

【参考】婚活パーティー総まとめ

 このブログでは婚活に関する記事を多数記載していますが、これまでの記事を体系別に総まとめしています。サイトマップ代わりに使っていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました