【初デートの注意点】初めて会う時はランチがオススメ

婚活パーティー
スポンサーリンク

1〜2時間で終わるご飯デートがオススメ

  • いきなり長時間の会話は辛い
  • ご飯に行けば1〜2時間で終わる

 カップリングした人と初めて二人で会う時はご飯に行くのがオススメです。初めての場合には緊張で会話も盛り上がらないかもしれません。いきなり長い時間一緒にいてしまうと最初の1時間くらいはなんとかなっても、だんだん会話がなくなってきて、最後はお通夜のような雰囲気でお別れということも経験したことがあります。

 そのため初めて会うときには1〜2時間くらいの、あっという間に時間が終わってしまって、もう一回会いたいなと思うくらいの短めの時間設定にするようにしています。そうしたときにオススメなのはご飯にいくことです。ランチであれば1時間、移動を含めても2時間で終わり、会話が続かなくても料理を食べることや料理の話をすることで無言時間を紛らわせることができます。

女性にするとランチの安心感はすごい

  • カップリングしても相手の素性はわからない
  • 気軽に来れるランチの安心感
  • 奢ってもらっても気負わない金額

 カップリングしたとしても相手は自分の素性を知っておらず不安に思う人がいることは間違いありません。プロフィールにいろいろ書いていたりしてもそれが本当とは限りませんし、そんな人と2人で会うことは女性にとっては危険性がある場合もあるので当然です。

 そのため自分は店を提示する際に必ずランチの候補も入れておきます。ランチであれば明るいですし、1時間程度で済むため女性も比較的気軽に来れる可能性があります。

 なにより初デートくらいは男が奢った方がいいのですが、最初から高い金額をおごられるのに抵抗がある人もいます。そういった場合もランチならひとり千円くらいで済むため、女性があまり気負わなくて済む可能性があります。

まず相手の希望を聞いて、なければ3店候補を提示

  • 相手の好みを考慮しつつも、相手任せにはしない
  • 特になければ3つ候補を提示して選んでもらう

 店を選ぶ際に重要なのは、自分の好みを押し付けずに相手の好みを考慮しつつも、相手に店選びを任せっきりにしないことです。女性は男の好みを押し付けられると嫌がりますが、「じゃあ店を決めて」と丸投げされるのはもっと評価が下がります。

 そこでお店の選び方ですが、まずは相手に「行きたい店ありますか?」と確認してみて、できるだけ相手の希望に沿うようにします。特に相手の希望がなければこちらから相手が好きそうなジャンルの店を3つくらい提示して、その中から選んでもらうようにしています。そうすれば相手に任せきりにせず、相手の好みも反映できるため自分はいつもこの方法を実施しています。

【関連記事】婚活パーティー関係まとめ

 関係記事を以下のリンクでまとめています。この記事との相乗効果でカップリングに近づくための方法を記載していますので参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました