【婚活パーティーの服装は?】普通の格好で行けばいい

婚活パーティー
スポンサーリンク

休日なら私服、仕事帰りならそのまま

  • どんな服を着てけばいいかわからずスーツで
  • 平日開催ならスーツなど、TPOを考える

 はじめて婚活パーティーに行った時、パーティーって書いてあるししっかりした服着てかなきゃダメなんじゃないかと思い、休日にもかかわらずスーツを着て行きました。周りはみんなジーンズなど普通の私服で来ていてちょっと浮いてしまい、会話する人みんなに「今日は仕事帰りですか?」と聞かれる始末でした。

 ただし、平日に私服で行けば「この人仕事ないのかな、、、」と思われる可能性もあり、スーツで通勤しているならそのまま行けばいいと思います。また仕事帰りでも作業着は汚れたりしている可能性があり着替えたほうがいいです。重要なのは、いかに違和感を持たれない服装かだと思っていて、TPOを考えながら違和感をもたれない、普通の格好であれば十分だと思います。

どんなファッションがいいのか

  • これを着れば大丈夫というブランドはない
  • 清潔感
  • 年齢マイナス5歳を目指す

 バブル時代ならまだしも、現代においてそのブランドの服を着ておけばモテるというものは存在せず、その人に似合っているかどうかが一番重要だと思います。そのうえで最低限気をつけたほうがいい2点をあげておきます。

 まずは清潔感です。汚い、臭いは論外で、穴が空いていたりボロボロであったりするものもいい印象は与えません。男性はよく、自分が気に入っていて長い間着ているヨレヨレの痛んだ服を持っていることがありますが、他人から見るとただのボロキレに見えることもありますので注意しましょう。安くてもいいので、前日に買ったピカピカの服くらいがピシッとしていていいと思います。

 次に年齢マイナス5歳を目指した格好をすることです。どうしても年齢は見た目に出てしまいます。おじさんが無理して若作りした格好をしていると痛々しさがでてしまいます。逆に若い人が茶色ばっかりのお爺さんみたいな格好をしていても若々しさがなく残念です。自分の年齢マイナス5歳くらいであれば若く見えて、かつ痛々しくもない範囲です。マイナス5歳のファッション雑誌でみんなどんな格好をしているか見てみるのも有効です。

Tips:デザイナーの服装

  • 基本モノトーン
  • 自分の体型にフィットしたもの

 以前仕事でデザイナーが多く参加する会議に行ってきました。デザイナーといえばものすごく派手なイメージがあったのですが、多くの人が白、黒、たまにグレーを使ったモノトーンな服装で、みんなとてもシックでおしゃれに見えました。そんな特殊な服を着ているわけではなく、白いシャツ、黒のジャケット、グレーのニット、黒いズボンなど普通なものをあわせているだけなのに、モノトーンにするとこんなにもカッコよく見えるんだと驚きました。

 またダボダボの服やあまりにもピチピチの服を着ている人もおらず、自分の体型にあったものを着ている人が多いイメージでした。デザイナーという美に敏感な人たちは服装にも気を使っているのだと感じ、またモノトーンと体型にあっていることで、これだけおしゃれに見えるのだと知れたことはとても参考になりました。

【関連記事】婚活パーティー関係まとめ

 関係記事を以下のリンクでまとめています。この記事との相乗効果でカップリングに近づくための方法を記載していますので参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました