洗濯を劇的に楽にするテクニック&便利アイテム紹介

ミニマル生活

 洗濯は生活上必ず必要ですが、毎日やらなければいけないのにとてもめんどくさく、非常に負担になる作業です。

 これまで15年近く一人暮らしをしてきた経験から、洗濯の、①洗う、②干す、③畳む、④アイロンをかけるの4つの行程それぞれで、できるだけ楽になるように工夫をしてきました。この記事ではそれらのテクニックと便利アイテムを紹介しています。

スポンサーリンク

①「洗う」作業を楽にする

  • 意外とめんどくさいのが「洗剤の投入」
  • アタックゼロの容器で漂白剤、柔軟剤もワンプッシュ
  • 最近では洗剤の自動投入機能のある洗濯機も登場
  • 洗剤すら不要な「洗たくマグちゃん」

意外とめんどくさいのが「洗剤の投入」

 「洗う作業は」基本的には洗濯機を使うので、ボタンを押せば洗いを始めてくれます。しかし意外と面倒くさいのが、洗剤を測って投入することです。

 洗剤が1種類だけならそこまで負担ではないのかもしれませんが、洗剤、漂白剤、柔軟剤など複数いれる場合には、毎回この洗濯物の量なら○mlなど容器の裏を確認し、計量してから洗濯機に投入するを繰り返す必要があり、毎日のことなので結構鬱陶しく感じます。

アタックゼロの容器で漂白剤、柔軟剤もワンプッシュ

 そこでオススメなのが「アタックZERO」で、これはこれまでの洗剤とはまったく異なり、スプーンやキャップで計量しなくてもプッシュするだけで5mlがでるようになっています。

 使ってみたところ、本当に片手でワンプッシュででき、現在は漂白剤や柔軟剤も詰め替えて使っています。朝の忙しい時間に歯を磨きながらでも入れることができます。

 

最近では洗剤の自動投入機能のある洗濯機も登場

 やはりみんな洗剤の投入が意外とめんどくさいのか、最近では洗剤の自動投入機能がついた洗濯機も増えてきました。これを購入すれば非常に楽になると思うのですが、まだ値段が高く、なかなか手が出せない場合にはアタックゼロがとてもオススメです。

 

洗剤すら不要な「洗たくマグちゃん」

 さらにそれすらもめんどくさい場合には、洗たくマグちゃんを使う手もあります。マグちゃんはマグネシウムの力で水をアルカリ性にすることで衣類をきれいにするため洗剤が不要という画期的なアイテムです。

 1つだと洗剤を普段の半量くらい入れる必要があるのですが、2つマグちゃんを使えば洗剤なしでも洗えていることを実感できる効果があります。

 

②「干す」作業を楽にする

  • 一番めんどくさいのが干す作業
  • 便利アイテム最強の異名を持つ「ドラム式洗濯機」

一番めんどくさいのが干す作業

 洗濯物を干す作業、これは本当に大変な作業です。洗い終わったらすぐに干さないと生乾き臭くなるため、洗濯機をまわしてから洗いあがるまで数十分待ち、洗濯物一つ一つをハンガーや洗濯バサミに取り付ける必要があり、休日の半日作業になる場合があります。

 出かけたくても洗濯物が終わるのを待たなければいけないため、時間が無駄になることがとても多いです。

便利アイテム最強の異名を持つ「ドラム式洗濯機」

 そこでオススメなのが乾燥機能のついたドラム式洗濯機です。ボタン一つで乾燥まで行ってくれるため洗いあがりを待つ必要もなくボタンを押したら外出できるほか、干す作業が全く不要になるなど劇的に楽になります。

 また雨や花粉に影響されないことから天候に左右されないこと、タオル等がフカフカに仕上がることなどメリットが非常に多いです。様々な方が最強家電というだけあって、これまで購入したものの中で、満足度が最も高い商品です。

③「畳む」作業を楽にする

  • これまたうっとおしい「畳む作業」
  • ペーパータオルで洗うタオルの枚数を減らす 
  • 下着を2つだけにすることで洗濯物を畳まない生活

これまたうっとおしい「畳む作業」

 さらにめんどくさいのが畳む作業です。どうせ着たらすぐグチャグチャになるのにと思いながら毎日畳続ける作業は非常に過酷です。できればこれもなくしてしまいたい作業です。

ペーパータオルで洗うタオルの枚数を減らす

 まず洗濯物の数を減らすことを考え、思いついたのがキッチン、トイレ、洗面所などで手を拭く際にはタオルではなく、使い捨てのペーパータオルを使うことです。タオルは畳む必要があり、もっとも厄介な洗濯物です。

 しかしペーパータオルにすることで洗濯の必要がなくなり結果としてタオルを畳むという無駄な作業が減り大幅に快適になりました。タオルのように雑菌が沸くこともありませんし、衛生面でも非常に安心です。

 使い捨てが気になる方は、再生紙を使ったものや環境配慮型のものもありますのでそういったものを使うといいかもしれません。

下着を2つだけにすることで洗濯物を畳まない生活

 下着(シャツ、パンツ、靴下)は2つずつだけにします。(洗濯できなかった用にもう1セットくらいは棚の奥にしまっておいてもいいと思いますが)基本2つだけでローテーションすることがポイントです。

 洗って乾燥が終わっている下着を洗濯機から取り出しそれを着て、汚れたものを洗濯機で洗います。このルーチンなら2着だけでも問題なくローテーションできるようになり、洗濯物を畳まずに済むようになります。

④「アイロン」作業を楽にする

  • 技術まで必要なアイロンがけは無限に時間を奪われる作業
  • ノーアイロンニットシャツでアイロンなし生活

技術まで必要なアイロンがけは無限に時間を奪われる作業

 アイロンがけは非常に時間がかかるため実際はやりたくない作業で、かつ技術が求められることから特に男性で苦手としている人が多い作業です。反面、シワシワのワイシャツを着ていると非常にだらしなく思われてしまうため、頑張ってアイロンをかけるか、毎回クリーニングに出すかが迫られます。 

ノーアイロンニットシャツでアイロンなし生活

 そこでそんな時にはノーアイロンシャツがオススメです。ノーアイロンシャツは本当にアイロンをかけずに洗濯するだけでシワなく乾燥します。購入してから約1年が経過しましたが、今でもかわらずアイロン不要で使えています。

 また、ノーアイロンシャツを買う前は、週末にクリーニングにいけない可能性があるため、Yシャツを予備も含め合計10枚も持っていましたが、そういった心配もなくなったため、クローゼットのYシャツは現在5枚に減り、クローゼットの有効活用にもなっています。

タイトルとURLをコピーしました